きものミュージアムKimono Museum

松岡姫の襦袢

伊と幸の「松岡姫の襦袢」は、おかげさまで有名です。頻繁にお召しになる方から、最良の襦袢用生地だとご評価頂いております。歩くときの裾さばき、美しい立ち姿と所作一つ一つは、良いお襦袢から生まれます。礼装用には白襦袢、色無地訪問着には淡い染襦袢など、フォーマルからカジュアルまで多種多様にご用意がございます。

(楽天にリンク、別ウィンドウ)

ここでは、お振袖用の絵羽柄に染め分けた襦袢をご覧下さい。振り口には切箔散らしをあしらった贅沢な逸品振袖をご覧下さい。

The under garment of Kimono is called “Juban” that is manufactured with the smoothness and soft texture of satin. Here is the example that shows the sophisticated beauty of silk satin and the dyeing design is impressive and stunning even for the under garment with long sleeves.

現品のお貸出し(有料)については、ご相談下さい。

松岡姫の襦袢

生地:
緯糸松岡姫使用の綸子襦袢
Matuoka-hime Juban (Kimono under garment)
  • 再制作の参考価格200,000円