きものミュージアムKimono Museum

絹紬の祝い法被

程よいシャリ感、ハリのある地風は男向です。純国産繭「松岡姫」から手引する座繰り糸は、繭糸を手作業で繰り出すことにより、太細が生まれ、その趣きを特徴とした平織生地となっています。機械操糸機による、節のない均一な絹糸とはまた違った、男性的で自然な味のある生地を使用し、ここでは東京手描友禅で、網干に赤富士を描きました。
東京2020をイメージした、男性プレゼンターにお召頂きたい逸品です。

The rough and coarse texture is produced from domestic cocoon by hand-reeling thread which has natural nots. This silk textile is for men. Here the picture shows a kind of Happi like kimono jacket. This is Happi with a Red Mount Fuji design that is dyed by Tokyo Hand Yuzen Master. We hope the Olympic & Paralympic presenters will be dressed in this domestic silk Happi in 2020 summer.

現品のお貸出し(有料)については、ご相談下さい。

絹紬の祝い法被

生地:
座繰り糸の絹紬
Silk Happi for men
  • 再制作の参考価格 350,000円