きものミュージアムKimono Museum

伊予生糸のぼかし染め

伊予生糸(いよいと)とは、日本の地理的表示(Japan Geographical Indication)農林水産大臣登録第10号として登録された希少性を誇る糸です。経糸は松岡姫とし、絵緯糸に、先練りの伊予生糸を織り込んだ、独自の風合いを追及しながら、日本の有名社寺に伝わる、数多くの文化財、遺産、宝物、装飾品等をヒントにした地紋用のシリーズです。
ここでは、日光東照宮の羽目板装飾のモチーフ菊菱文様を地紋様に織り込み、鶸色の裾濃ぼかしに染め上げ、伝統工芸士山田登の金彩をアクセントにあしらいました。

“Iyo-ito” is the precious domestic silk thread from Ehime Pref. officially registered “Japan Geographical Indication” of the agricultural product. A very small quantity of the thread is valued highly. We at ITOKO company use this silk thread to produce the white silk rolls for Kimono woven with the patterns inspired from shrine architecture and furniture.

伊予生糸のぼかし染め

生地:
緯糸に伊予生糸使用の日光菊菱文
Kimono of precious “Iyo-ito” silk
  • 訪問着お仕立上参考価格 350,000円