きものミュージアムKimono Museum

桂由美デザイン夏物訪問着

経緯糸ともに松岡姫糸使用の夏物生地、駒絽の五本絽の生地です。世界的なブライダルデザイナー桂由美先生からお預かりした丹頂鶴の図柄に、私どもの図案家廣田真理子の波文様を組み合わせた訪問着です。「復興五輪」の願いを込め、JAふくしま未来の養蚕農家によって大切に育まれた蚕種「松岡姫」の糸が生み出した品格のある訪問着は、東京2020のプレゼンターをイメージして制作しました。 伝統工芸士 細井智之(手描き友禅)杉下晃造(繍い) 山田登(金彩工芸)

Our company ITOKO produces specifically 2 types of silk Kimono gauze. One is “Sha”, the other is “Lo”. “Lo” is delicate and semi-transparent with the transparent lines on plain textile. The dyeing pattern Japanese crane was designed by Yumi Katsura who is a well-known bridal fashion designer, combined with our in-house painter’s sea wave design. Each dyeing process of Yuzen, Gold-leafing, and hand-embroidery was done by the officially registered Masters.

現品のお貸出し(有料)については、ご相談下さい。

桂由美デザイン夏物訪問着

生地:
松岡姫駒絽 染柄:丹頂鶴に波
Kimono for summer designed by Yumi Katsura
  • 再制作の参考価格1,500,000円
  • 制作期間ご注文後4カ月