きものミュージアムKimono Museum

折り鶴の夏物振袖

経緯糸ともに松岡姫糸使用の夏物生地、透ける駒絽の五本絽の生地です。「復興五輪」の願いを込め、JAふくしま未来の養蚕農家によって大切に育まれた蚕種「松岡姫」の糸が生み出した世界に向けての公式行事で進行サポートの日本女性をイメージして制作しました。 オリンピックパラリンピックは平和あってのことです。ロウケツ染により、平和を象徴するモチーフとして折り鶴を描きました。 (一財)大日本蚕糸会「蚕糸・絹業提携グループ全国連絡協議会」による、純日本の絹を代表する「松岡姫」の振袖試作品プロジェクトとして制作しました。 (染色:室華風 意匠登録済 申請者:津室伸吾)

We at ITOKO company are producing a specific summer Kimono “Lo” with long sleeves that we hope to encourage the Olympic & Paralympic Committee to use for the escorting young ladies during the presentation ceremonies representing the domestic silk Kimono industry. This specific blue long sleeve Kimono made from Fukushima cocoon thread and with batik dyeing technique featuring Origami crane symbolizing world peace.

現品のお貸出し(有料)については、ご相談下さい。

折り鶴の夏物振袖

生地:
松岡姫駒絽 染柄:折り鶴
Long sleeve Kimono for summer
  • 再制作の参考価格 1,200,000円 
  • 期間 6カ月