きものミュージアムKimono Museum

手織り武井豊子作品

純国産の絹は、現在、日本国内に流通している絹製品のわずか1%未満と言われていますが、それでも蚕糸絹業文化は日本の宝です。豊かな自然と美しい山野。日本の原風景そのままの最適な環境が、今もまだ残されているからこそ、養蚕は今日も受け継がれています。 繭糸を手で繰り出す「座繰り」による絹糸を用いて、手機で手織りされる武井豊子先生に、後染め用白生地を織って頂いております。手織りの着物は、その生産全工程が、手仕事による純日本の絹です。織り紋様を表現する絵緯糸には、贅沢な天蚕糸を使用しています。

Though in the Meiji Era, Japanese silk industry was the main power behind the Japanese economy which helped industrialize the nation, these days pure domestic silk products are less than 1% of all silk goods in Japanese market.
We at ITOKO still continue to produce the silk Kimono with exclusively Japanese manufacturing process from silkworm raising to sewing, totally by hand, that includes reeling and weaving by hand. This Matuokahime Kimono is the masterpiece of Toyoko Takei who is the master as a hand weaver in Nagano Pref.

手織り武井豊子作品

生地:
松岡姫の座繰糸の手織り白生地
All hand-made Kimono by Toyoko Takei
  • 再制作の参考価格 2,000,000円
  • ご注文後 6カ月