白生地

白生地の最高峰「伊と幸」(いとこう)


至高の白生地 一貫生産

日本画の心得を持つ、先代「伊藤幸治郎」が、昭和6年(1931)に創業。

以来、図案→製織→精練から検品に至るまで、一貫して当社独自のオリジナル手法にて作り出す商品のみ取扱っております。

日本国内の当社指定工場にて織上げた生産履歴確かな「日本の絹」に拘っています。


図案にこだわる

伊と幸の商品はすべて社内の専属図案家が起こします。

承華縮緬、紋唐織、天蚕訪問着など、伊と幸ならではの感性が生きています。

別注対応のお客様オリジナル意匠も自由自在。制作のご依頼承ります。


素材にこだわる

目的とする生地に最も適する素材(繭・生糸)を、徹底して選別、厳格な基準で選択します。

最高質の生糸「松岡姫」、「又昔」の改良蚕種「上州絹星」のブランド生糸、「絹のダイヤモンド・天蚕糸」をはじめ、 真綿・玉糸・黄金繭・栗繭・山繭など、最適、最良、最高質の素材を、伊と幸の審美眼で選んだ素材です。


松岡姫

松岡姫:松岡㈱独自の伝統的な繰糸技術により生まれる最高質の生糸「松岡姫」使用。

又昔

又昔:江戸時代の著名な優良繭「又昔」を改良し復元した「上州絹星」の光沢に優れた生糸を使用。

天蚕糸

天蚕糸:長野県安曇野穂高の野蚕糸。絹のダイヤモンドといわれる光沢を放つ。

黄金繭

黄金繭:インドネシア産の黄金色繭より取れる糸。絵緯糸に使用。


撚糸、組織にこだわる

当社商品は全品、国内の伊と幸傘下の指定優良工場にて生産しております。

生産の各工程を徹底管理し、伊と幸の匠、技、芸を極めて織り上げております。

染める人に選ばれ、サシ、難、染め溜り、織段のトラブルが少なく、かつ、難の対処が早くお客様を裏切りません。


着心地にこだわる

絹の価値は着心地次第、重みではありません。もたもたしない軽やかさ、体に沿うしなやかさ、シワの回復力で、差のつきます。褒められる着物姿。だから、着る人に選ばれています。