白生地いろいろWhite silk texture

幸縫取 Crepe of Ko-nuitori

一般的な名称
縫取り縮緬
織り
地紋入り、二重組織
産地
丹後

特徴

・縫取り技法の紋様がくっきり
・前処理糸が染料を含む

シーン

  • パーティー
  • 街歩き
  • 七五三
  • 結婚式
  • 弔事
  • 卒入学式

紋様を表現する緯糸を部分的に通す紋織り技術で、織り上りが刺繍のように見えることから「縫取」と呼ばれます。縫取部分に前処理を施した特殊な糸を緯糸に使用することで、染めるとその紋様部分が浮き上がるように見えます。
ここでは、吹雪に切箔(柄番号UP-0033)の紋様で、年齢も幅広く、慶弔を問いません。無地ひと色に染めても、縫取り部分が刺繍糸を施したように見えます。

Ko-nuitori means the woven patterns of the specially prepared thread woven on the crepe textile. Even if you dye this textile with one color, you see tow tones due to the unique prepared silk thread that dyed more than normal one.