沿革Outline

1931(S6)

伊藤幸治郎商店として創業

Ito-Ko-jiro founded
1950 (S25)

株式会社伊と幸に法人改組

“ITOKO” incorporated
1957(S32)

東京支店を開設

Tokyo branch started
1966(S41)

本社社屋を竣工

Itoko build. built
1975(S50)

絹のダイヤモンド天蚕糸を商品化

Wild silk products started
1996(H8)

日本初、繭から白生地までの一貫ブランド「松岡姫」を発表

Pure Japanese silk “Matuoka-hime” labled started
2001(H13)

創業70周年、研究協力工場で開発した商品は3千種超

More than 3,000 kinds of weaving patters
2006(H18)

我が国古来の貴重な蚕種「又昔」を復元して商品化(蚕種名「上州絹星」)

Pure Japanese “Mata-Mukashi”labled started and official prizes awarded
2007(H19) 京都府中小企業応援条例認定 9産支第289号(平成19年8月29日付)
中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画承認
9産支第313号(平成19年9月14日付)
京都商工会議所によるビジネスモデル認定(平成19年12月14日付)
2011(H23)

絹の白生地資料館解説 京都市教育委員会 博物館施設連絡協議会加盟認定

ITOKO silk gallery opened
2012(H24)

空間装飾品「絹ガラス」事業部設立、京都市史知恵産業創造支援事業認定
「絹ガラス」の商標登録認定(登録第5509316号)

Silk Glass division started supported by Kyoto-city
2013(H25)

「絹ガラス」JAPAN SHOP 2013初出展 「京都府応援ファンド支援事業」認定
「東京都ニューマーケット開拓支援事業」認定

Silk Glass division supported by Kyoto Pref. and Tokyo
2014(H26)

可撓性ガラス板材合わせ実用新案出願中(出願番号 実願2014-002796)
「絹シェード」の商標登録認定(第5662251)
「絹ガラス」製立礼用テーブルが京都デザイン賞、京都府文化ベンチャーコンペティション 京都府知事賞受賞、京都府知事貴賓室、外務省傘下パリ日本文化会館館長室他へ。

“Silk Glass” products awarded as Kyoto Design Award, Kyoto Cultural Venture competition etc.
2016(H28)

フランスパリ メゾン・エ・オブジェ京都市パリ市共同事業にて出展

“Silk Glass” tables exhibited at Maison e Objet in Paris supported by Kyoto-Paris city.
2017(H29)

伊予生糸(いよいと=農林水産大臣登録第10号 日本の地理的表示登録品)使用し商品化

Valuable thead“Iyo-ito”Japan Geographical Indication agricultural product used for our ITOKO white silk produt.